投稿日:

初めての五反田風俗体験はセクキャバ(セクシーキャバクラ)が良いかもしれません

女性を後ろから抱きしめる男性

風俗の入門編として入りやすいのがセクキャバと呼ばれているものです。

普通のキャバクラは女の子といっしょにお酒を飲むだけですが、セクシーキャバクラはお酒だけでなく、おさわりもできるのです。

呼び方はおっぱいパブやセクシーパブなどいろいろありますが、基本的には女の子が同席してお酒を作って飲み、おさわりタイムになるとキスや胸モミといったサービスがスタートする仕組みです。

どこまで大丈夫なのか

基本的には男性の身体をさわるサービスはありません。オプションでついている場合もお店によってはありますが、もちろんその際は追加の有料ということになります。

また無制限にどこでもさわっていいわけではなく、下は禁止といったルールが決まっているのがほとんどです。女の子とお酒を飲みながらイチャイチャして恋人気分を味わいたい人向けのサービスです。

お店の雰囲気はキャバクラそのもので、延長線上といってもいいです。少し前ならランジェリーパブというお店がありましたが、これはまったくタイプの違うもので、女の子が下着姿でお酒を飲ませてくれるものです。

似ていますが別物だと判断して遊ぶときは切り替えましょう。

その料金システムは

セクキャバは比較的安く設定されていて時間も短時間から、ゆったりお楽しみコースまで選べます。たいてい20分~40分、なかには60分といった感じで、金額は2000円くらいからあり、サービスの内容にもよりますが、10000円までかかる場合もあります。

その点はキャバクラと比べると少し安い印象があります。さらにチケットを買ってそれをサービスに替えるお店もあります。見た目はチップのようですが、女の子にとってはさらなるサービスを求めるときに使うチケットなのです。

セクキャバの選び方は

セクキャバは全国にたくさんあるので風俗情報誌がいいでしょう。さらにはポータルサイトの口コミなども非常に参考になります。

お店の選び方や失敗しない遊び方、いろいろなコンテンツがあるのでお金を使って遊ぶのですから、調べるのも楽しみになります。

ただし注意する点があります。情報は常に新しいものを取り入れることです。この業界は目まぐるしく毎日変わっていくので、できれば毎月のように発行されるフリーペーパーなどで確認してお店に行くことをおススメします。

風俗としてのセクキャバは初めてでも、キャバクラに行ったことのある人なら抵抗なく入れるでしょう。とは言っても前もっての予約や下調べをしっかりしていれば、楽しめるはずです。入門編として利用しましょう。